大阪格安ホテル。2000円以下でも快適な西成宿泊

大阪の都心。観光やビジネスにアクセス環境良好な西成地区には格安・激安なホテルがいっぱい。実際に宿泊して検証したお勧めホテルを紹介します

大阪西成地区。格安、激安のホテル紹介。実際に宿泊してみた。

 

大阪の都心。観光やビジネスにアクセス環境良好な西成地区には格安・激安なホテルがいっぱい。実際に宿泊して検証した、安さと快適さが両立している?ホテルを動画映像付きで紹介します。

ついでに、やっぱり気になる西成の治安状況についてのレポートもあります。

 

ホテルダイヤモンド

f:id:bbb3wave:20170410122622j:plain

料金1100円から・JR新今宮駅より徒歩5分程シャワー、トイレは共用

良い・・・超低価格、カギ付き一人部屋、24時間出入り自由、布団は一応清潔、風呂トイレ清掃されている、フロント係員が親切

悪い・・・廊下や階段の照明が暗い(暗くジメジメした印象)、廊下に私物(定住客の?)が置かれている、最安部屋はエアコン無し、施設の老朽化

客層・・・若い日本人男性観光客、外国人男性(アジア系多い)観光客とは思えない中高年日本人男性、少数ですが外国人女性も見かけました

f:id:bbb3wave:20170410124707j:plain

総評・・・予約(ネットで)できるホテルの中では宿泊料が最安値。施設は値段相応ですが「シャワーを浴びて睡眠さえ出来ればよい」と割り切れる人にはお勧めできます。 

nishinari-hotel.hatenablog.com

   

ビジネスホテル加賀

f:id:bbb3wave:20170410123935j:plain

料金1700円から・JR新今宮駅から徒歩6分程、トイレ、風呂シャワー共用、近くの銭湯の無料券サービス

良い・・・低料金、明るく清掃の行き届いた施設、銭湯無料サービス、全ての部屋にテレビ・エアコンあり

悪い・・・チェックアウトが朝の9時と少し早いめ、あわただしく感じる人もいるでしょう。

客層・・・スーツを着た日本人サラリーマン(出張)、若い日本人男性、若い女性もチラホラ見かける、外国人観光客、中高年日本人男性   

f:id:bbb3wave:20170410124924j:plain

総評・・・格安で施設は清潔、エアコンやテレビも完備された快適なホテルです。部屋が狭いですが男一人がくつろぐには十分な広さです。

 

nishinari-hotel.hatenablog.com

ピースハウス幸

f:id:bbb3wave:20170410124037j:plain

料金は2000円台ですが頻繁に値引きをしており私が宿泊した際は1600円でした・地下鉄動物園前駅から徒歩1分・トイレ、シャワー共用・ドミトリー(相部屋)は男女共用

良い・・・スタッフがフレンドリー、共用のラウンジスペース、国際交流が出来る?、ゲストハウスに泊まるという刺激的な体験が出来る、施設は清潔

悪い・・・シャワールームは廊下の奥にカーテンで仕切られてるだけ、スタッフが英語を話す外国人なので英語が出来なければ意思疎通が難しい、ドミトリーは男女共用なのでストレスを感じる人もいるかも  

客層・・・若い白人女性、語学に興味のありそうな若い日本人女性、アジア系の若い女性、白人男性、少数ですが日本人男性          

f:id:bbb3wave:20170410125030j:plain

総評・・・ここはホテルでは無く、いわゆるゲストハウスです。私は単に「値段が安いから良い」と思って、普通の安宿感覚で宿泊したのでイロイロ面食らうことがありました。外国人と交流したい人、流行のゲストハウスを体験したい人にはお勧めできますが基本的に日本人男性が宿泊するのは少し場違いな印象が・・・・・  

nishinari-hotel.hatenablog.com

旅館赤坂

f:id:bbb3wave:20170502162649j:plain

一泊1500円、3畳個室、ベット、1ドア冷蔵庫、テレビ、作業机、椅子、各部屋無料wifi、トイレ・風呂は共同

良い・・・全部屋無料wifi、正しい姿勢でPC作業できる作業机、椅子、冷蔵庫、テレビ、ベットと部屋の設備が充実。

悪い・・・建物全体が老朽化している。

f:id:bbb3wave:20170502164514j:plain

総評・・・外観や、施設全体をみると色々なところから老朽化ようすが見て取れますが清掃は行き届いていて不潔な印象はありません。

通常の西成の安宿では机といえば背の低いテーブルですが、この施設は背の高い作業机と椅子が備え付けられています。無料wifiも完備しているのでPC作業をしたい人には便利でしょう。                                            


ホテルサンプラザ2

f:id:bbb3wave:20170605133240j:plain

料金は通常2000円ですが、頻繁に値引きを行っているので予約サイトを使えば、大抵1700円程度で宿泊できます。風呂、トイレ共用。無料wifi、テレビ、冷蔵庫、エアコン完備。また、西成の宿には珍しくタオル、歯磨きセットがサービスで付いてきます。

良い・・・御堂筋の大通りに面した便利で安全な立地。素泊まりホテルに必要な備品は完備。総じて清潔。

悪い・・・ほかの西成の安宿に比べれば少し料金が割高。

総評・・・このホテルは世間一般にドヤ街、スラムとイメージされている、あいりん地区から少しはなれた場所にあります。そのせいか料金は少し割高ですが清潔で快適な宿泊が出来る感じです。女性や、安宿初心者でも気軽に利用できるでしょう。

nishinari-hotel.hatenablog.com

西成の治安状況 

いくらホテルの宿泊料が安くても、ホテル周辺の治安が悪ければ最悪です。事件に巻き込まれでもしたら、ホテル代が節約できても意味ないです。

そんなわけで、気になる西成の治安状況ですが実際に西成に宿泊して朝昼晩と周囲を散策した

私の感想は、一言でいうなら「え?ぜんぜん安全やん?拍子抜けしたわ」という感じです。

 

いや、ブログやYoutubeなんかで取り上げられる西成の話題って、閲覧数目的の嘘かホントかわからない面白半分の過激なネタばっかりでしょ。「怖いヒトが女の子を車に押し込んで攫っていった」とか「町中に普通に危ないクスリの売人がいる」みたいな。

 

しかし、実際のところ昼だろうが夜だろうがあからさまに怖いヒトっぽい人間なんてほとんど見かけませんでしたし、クスリの売人だって夜の街を普通に散策した限りでは、どこにもそれらしい人を見かけたりしませんでした。

 

っていうか、西成地区は夜になると極端に人通りが減ります。新今宮駅や動物園前駅がある大通りは観光客や仕事帰りのサラリーマンを見かけるのですが西成の町の中は殆ど人がいません。一応、商店街には飲み屋や食堂があるので、そのあたりにはお客もいるのですが、それでも大盛況という感じではありません。人が少ないのだから夜の町のトラブルなんかも起こりようが無いわけで、たぶん酔客の喧嘩やヤクザがらみのトラブルは繁華街である道頓堀やミナミの町のほうが多いでしょう。

 

西成の夜は人が少ない・・けれど、朝になると夜とは正反対に町に林立するアパートや宿泊所から人がドンドン出てきて繁華街でもないのに凄い人口密集率に。

 

で、人が集まればトラブルが起こるのかというと・・・別にそういうわけではないんですよね。皆さん、もう結構な年齢の御老人が多いわけでそんなに血の気の多い人はいない。普通に仲間と談笑したりしているだけです。時々、大声を出す人も見かけますが、それだって喧嘩とかそういうのではなくてチョット精神的に病んでる人が大声を出している感じで、そういう人なら別に西成じゃなくても普通の住宅街や電車の中でもたまに見かけるわけだから驚くに値しないですよね。

 

で、朝を過ぎて昼ごろになると人もまばらになり始めるのですが、やっぱり喧嘩やトラブルみたいなことには遭遇したりしません。おっちゃんがのんきに日向ぼっこしてたりしてユルユルな空気が漂ってます。

 

そんなわけで、私が体験した限りにおいては西成の治安は別に悪いとは感じませんでした。さすがに若い女性がウロウロするのはお勧めできませんが普通の成人男子なら普通に都会を歩くときのように常識的な警戒心を持って行動すれば、特段トラブルに巻き込まれるようなことは起こらないでしょう。まあ、あくまで私が体験した限りでの話しなので保障は出来ませんが。

 

 京都・大阪の巻き爪矯正。京阪樟葉駅徒歩5分。もりかわ巻き爪矯正院はこちらから→http://makizumekaizen.com/

 

 

稲垣浩氏と対立する?釜ヶ崎日雇労働組合(釜日労)のアジト・・もとい事務所の場所。無料シェルターや特別清掃事業を実現した実績ある組織だよ。

 

炊き出し活動で有名な稲垣浩氏が率いる釜ヶ崎地域合同労働組合。そして、釜ヶ崎日雇労働組合

f:id:bbb3wave:20170612155759j:plain

阪神には巨人、北斗には南斗、アムロにはシャア、サンダにはガイラと世の中にはライバル関係が付き物ですが、この2つの労働組合もまた西成において熾烈な戦いを繰り広げるライバル関係にあります?

釜ヶ崎地域合同労働組合は、そのボロ過ぎる建物の佇まいそのもので資本主義に対するレジストを仕掛けてくる釜ヶ崎解放会館を拠点にする組織。

f:id:bbb3wave:20170612151536j:plain

対する、釜ヶ崎日雇労働組合の拠点はこちら。

嫌に厳重にフェンスで囲まれた敷地に平屋建ての簡素な建物が建っています。

f:id:bbb3wave:20170612155841j:plain

f:id:bbb3wave:20170612155906j:plain

・・・・いや、何と言うか・・私は政治には疎いのですが、こういう幟を立てるのは全国の左翼系組織に共通の慣習なのでしょうか?

テレビで観る沖縄の抗議デモや国会前の安倍首相批判デモでも、こんな感じの幟が立っていたような。

ちなみに入り口のフェンスに張ってある張り紙の石川一雄って誰やねん?っていう話ですが、たぶん狭山事件石川一雄氏のことを言っているのだと思います。

狭山事件、50年以上前の事件なんですが。左翼界隈ではいまだにホットな話題だったりするのでしょうか?

釜ヶ崎日雇労働組合の拠点は、以前に紹介したビジネスホテル加賀の程近く、狭い路地に続く曲がり角のその先に存在します。

外国人バックパッカーや普通の日本人ビジネスマンや旅行客が宿泊するホテルのすぐそばに、こんなイカした解放空間があるんだから、やっぱり西成は最高だぜーーー(^^)

さて、この釜ヶ崎日雇労働組合(釜日労)と釜ヶ崎地域合同労働組合(釜合労)との間には複雑な因縁関係があります。

まず、釜日労が1976年に稲垣浩氏によって結成されます。初代の代表は稲垣氏。

結成から2年後の1978年にドイツ人神父が所有していた上記のボロ過ぎる鉄骨ビルを買い取って釜ヶ崎解放会館を設立。建物内に組合事務所を設けます。

その後、1980年に稲垣氏は釜日労を除名されてしまいます。除名の理由については、稲垣氏に批判的な人間の説明によると、稲垣氏が解放会館の建物の所有名義を勝手に自分の妻名義に書き換える不正行為を行ったためであるとされています。

除名された稲垣氏は1981年、新たに釜ヶ崎地域合同労働組合(釜合労)を設立しました。

これによって、釜日労と釜合労の2つの団体が並存する今日の状況が出来上がったわけです。

それで、どうも解せない話なのですが釜ヶ崎解放会館の所有権を持つ稲垣氏と喧嘩別れしたはずの釜日労は、その後も何故か20年近くの間、釜ヶ崎解放会館内に事務所を置き続けています。

つまり、その間の期間は釜日労と釜合労という敵対的な関係?にある2つの組織が一つの建物のなかで共存していたという、良くわからない状況があったわけです。

釜日労が釜ヶ崎解放会館を出て上記にある現在のフェンスに囲まれた小屋に移転したのは2002年辺りの出来事らしいです。

さて、この2つの労働組合。現在も、それぞれ活動を続けていて、なんというか上手い具合に活動分野の住み分けが出来ている感じです。

稲垣氏率いる釜合労は、三角公園、四角公園で行われてる炊き出し活動を主催。つまり、行政の力を借りず自分達でドヤのオッチャン達の手助けをしようというスタンスです。

それに対して、釜日労のほうは大阪市役所前でデモを行うなど、役所のほうにガンガン圧力をかけて行政を動かしていくことによって、オッチャン達を手助けしていくスタンスな感じです。

釜日労と、釜日労の関連団体であるNPO法人釜ヶ崎支援機構の活動によって実現された行政側の施策として、仕事にあぶれて困窮している高齢者にあいりん地区の道路清掃をしてもらう特別清掃事業や、ジョーブログでも紹介されている無料宿泊シェルターの設立なんかがあります。

そんなわけで、この2つの労働組合。実は稲垣氏は高級自動車を乗り回しているとか、釜日労とNPO法人釜ヶ崎支援機構は行政側から事業を請け負うことによって利益を得ているとか、芳しくない噂も聞いたりしますが、それでも実際に炊き出し活動や支援事業がオッサン達の助けになっていることは事実。

ただ、双方とも拠点となる建物の外観は、もうチョイ綺麗にしたほうがよいとおもうなあ(^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西成の夜にこだまする「魂のルフラン」。中国人経営のカラオケ居酒屋はオッサン達の心のオアシスだよ(あいりん散歩)

南海電鉄萩ノ茶屋駅を降りてすぐ。萩之茶屋商店街に中国人のお姉さんが歌う「魂のルフランエヴァンゲリオン旧劇場版エンディングテーマ)」がこだまする西成の夜。

消費不況と、大手小売企業の進出によって、現代日本の商店街は活気を失っています。

駅前の商店街なのに、営業している店舗よりシャッターを下ろしている店舗のほうが多いなんていう現象が日本全国、津々浦々で見られます。

さて、貧乏であることにおいては右に出るもののない西成あいりん地区の商店街である萩之茶屋商店街。

住民が貧乏なんだから商店街も衰退しているだろうと思ったら、さにあらず。

パチンコ(あいりん地区の人間はギャンブル好きだからパチンコ店がたくさんあるだろうと思われがちですが、あいりん地区内には1軒しかパチンコ店はありません。)食堂、居酒屋、ゲームセンターなどが軒を連ね商店街は大盛況?です。

まあ、なんといっても西成あいりん地区は人口密度が高いですからね。

ひとりひとりは貧乏でも、人間がたくさんいれば商売は成り立つということなのでしょう。それに、現在のあいりん地区のオッサン達には生活保護という確実な定期収入があるわけで。

そして、そんな萩之茶屋商店街の稼ぎ頭な主力選手が、中国人が経営するカラオケ居酒屋。

若くて綺麗な中国人のお姉さんがビール1杯400円くらい、カラオケ1曲100円程度の良心価格でオッサン達の相手をしてくれる素敵なお店です。

しかし、このカラオケ居酒屋。防音設備も何も無いので、歌声が外に漏れまくりです。

ある日の夜。「人生ママならんわ(;д;)」と傷心のワイが商店街を歩いていると、調子ハズレの音程で中国人のママが歌う「魂のルフラン」が♪わ・た~しに帰りなさ~い♪記憶をたうどう~り~♪と聞こえてきました。

ルフランとはフランス語で繰り返しを意味する言葉(wikiに載ってた)

つまり、中国人のお姉さんは西成民に「オマエラは生まれ変わっても、あいりん地区に流れ着いてしまう人生の繰り返しだよ(^^)」と教えてくれていのです。

ありがとう。ありがとう。謝謝です。

しかし、中国人というのは商売上手です。

日本人なら、西成に対して偏見があるので「あんな場所で商売するなんて・・」となってしまうところが、偏見のない中国人からすれば「人口密集地に安い土地がある。これは商売のチャンスあるヨ」と抜け目が無いわけです。

現在、関西の政財界は西成周辺を観光地として開発しようと計画しています。

nishinari-hotel.hatenablog.com

新世界周辺には高級リゾートホテル星野リゾートが進出予定。

もし、この観光地化計画が成功を収めれば、西成の土地価格は間違いなく上昇しますよね。

抜け目のない中国人はそのことも考慮に入れて西成に進出してきているのでしょう。

中国本土はバブル経済やなんかで、イロイロ問題があるのでしょうが日本に移民してきている中国人の優秀さは本物です。

若々しくバイタリティーに溢れる中国人のお姉さんが、生活保護で生きる日本人から小銭を巻き上げる。現在、西成で繰り広げられているカラオケ居酒屋の有様は、中国に圧倒される日本の未来を見るようです。

日本を除く、アジアの国々は経済の主導権を中国系の華僑によって支配されています。

もちろん、日本はほかのアジアの国とは違ってG7な先進国なのだから状況は違いますが、西成の中国人のバイタリティーや、大阪の観光地でドンドンお金を使う中国人観光客の姿を見るにつけ、「日本でもやがては華僑が大きな力を持つことになるかもしれないなあ・・・・それが、果たして日本人にとって良い結果をもたらすのかどうなのか・・・」などと、ワイが考えてもしょうがない話なのですが(^^) 

 

稲垣浩氏のアジト、じゃなくて事務所。釜ヶ崎解放会館が魔窟の様相を呈しているのだが。

朝の西成あいりん地区を歩いていると、作業着を着た10人ほどのオッチャンが列を組んで路上のゴミ拾いをしている光景にでくわします。

この人たちは特別清掃事業とよばれる仕事についている人たちです。

特別清掃事業とは、日雇いの仕事にあぶれて金銭的に困っている高齢者に対して大阪府が福祉的な意味合いで行っている雇用対策事業です。

ただ、福祉的な意味合いといっても、実際にオッチャン達は町を清掃してくれているわけですから、西成の町って、実は意外に綺麗です。

・・・いや、まあ確かに小便くさい箇所があったりはするのですが、少なくともスラム街と聞いて世間一般がイメージするような、路上にゴミが散乱していたり、ゴミ箱が溢れて異臭がしていたりとか、そんな状況ではありません。一応、総じて綺麗です。

さらにいえば、かつてのドヤ宿も福祉アパートやバックパッカー向けの格安ホテルに衣替えするにしたがって、昔のように「安ければなんでもエエやろ」みたいな感じではなくなって、建物の外観もずいぶん小奇麗になっています。

そんなわけで、あいりん地区は着実に明るく清潔になってきています。

だが、そんな時代の流れに堂々たるレジストを仕掛けるのが信念の労働活動家、稲垣浩氏のアジト・・もとい事務所が置かれている釜ヶ崎解放会館。

f:id:bbb3wave:20170612151536j:plain

ちょ、どういうことなんだよ、これは。

f:id:bbb3wave:20170612153428j:plain

f:id:bbb3wave:20170612154228j:plain

これ、誰がどう見ても廃墟にしか見えないのですが、一応、間違いなくこの建物の中では稲垣浩事務所、釜ヶ崎炊き出しの会、釜ヶ崎地域合同労働組合の三つの組織が活動しているはずです。いや、人の気配がまったくしないんですが。でも活動しているんです。

sogobunka.exblog.jp

活動記録のブログです。最近まで更新され続けているのだから、間違いなく活動は継続されています。

さて、あいりん地区の公園で毎日行われている炊き出し活動で有名な稲垣氏ですが、不撓不屈の選挙チャレンジャーという側面も見逃せません。

大阪市議会議員選挙に1979年からチャレンジすること、12回。そして、12連敗。1944年生まれの稲垣氏はもう70代のはずですが、直近の2015年大阪市議会議員選挙にも参加されています。

イロイロ、毀誉褒貶のある人物ですが、長年にわたって炊き出し活動を行い、多くの困っている人のために働いてきた実績は本物のはず。

それなのに、どうして選挙に勝てないのか。

まあ、それにはイロイロな理由があるのでしょうが、ひとつにはこの選挙事務所の外観でしょう。

私たち底辺人間は、「人は見た目やない。大事なんは中身や」という考えを持ちがちなのですが・・・そして、その考え方は決して間違ってはいないのでしょうが、だからと言って、物事には限度があるだろうという(^^)

いくらなんでも、この釜ヶ崎解放会館の建物はボロ過ぎるでしょう。

ビニールの庇に「困りごと相談受けます」と書かれていますが、どうみても建物の住人のほうが困ってそうですやん。

信頼、信用が第一の政治家稼業で、周りから胡散臭く見られるような外見や行動は致命傷ですよ。

長年にわたって、炊き出し活動を続けられてきた稲垣氏なのだから、最後に一花咲かせて議員当選してもらいたいんですけどねえ。このままじゃあ、無理っぽいですよ(;д;)

nishinari-hotel.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

西成の御近所映画館。新世界国際劇場がヤバイ。奴隷の島は西成民マストな映画だよ。

西成の御近所。家族連れの観光客で賑わう大阪新世界の片隅に昭和感溢れるレトロな映画館「新世界国際劇場」があります。

f:id:bbb3wave:20170605184541j:plain

そして、御存知のとおり?昭和感、レトロというキーワードはサブカルな若者の大好物。それならば、この新世界国際劇場にもサブカル男女が群がっているかというと・・・全然どこにもいない。

サブカルな若者どころか、若い人がまったく寄り付かない。

周りでうろついているのは地元のオッサンだけ。

まあ、サブカルクソ野郎が言う昭和感、レトロっていうのは、あくまで奴らの頭の中で美化された昭和やレトロですからね。現実の昭和やレトロじゃない。

それゆえに、この映画館の猥雑で小汚い本当の昭和な世界はサブカル民には受け入れられない。

この映画館は、サブカル民が好きそうなアート系単館映画館じゃないんだよ。

そうじゃなくて、自分のショボイ欲望とママならない現実に翻弄されながら人生という濁流を一方通行に流れ落ちていく、オレたちダメ人間のための映画館なんだよ。

だからこそ、映画を宣伝するコピーも激アツです。

f:id:bbb3wave:20170605191741j:plain

「凶悪支配に反旗をひるがえせ!雄雄しい抵抗3本立!」

糸井重里が泣いて教えを請いに来るレベルの名コピーです。

f:id:bbb3wave:20170605152124j:plain

上映されている3本は・・

「虐待した弱者から流れる血で潤う塩の島!大量殺人実験に隠された衝撃の真実とは!!」・・・奴隷の島、消えた人々

「最凶悪犯罪者の肉体を乗っ鳥蘇った情報員!仇の腐れテロ組織に無鉄砲な闘いを挑む!」・・・クリミナル

「「ゴミ犯罪者は大量殺戮しても許されるよ!」狂った処刑軍団・麻薬組織に戦争をふっかける!!」・・・ザ・ヴィジランテ

・・観たい。どれも観た過ぎる。たぶん普通の映画館で上映されていたらザ・ヴィジランテなんて気にもしないだろうけれど、「大量殺戮しても許されるよ!」(^^)と明るいノリで迫ってこられたら観ずにはいられない。

ところで、「奴隷の島」という映画は韓国で実際に起きた事件「新安塩田奴隷労働事件」を題材にした映画なのですが

>>新安塩田奴隷労働事件(しなん えんでん どれいろうどうじけん)とは、2014年2月6日に発覚した大韓民国全羅南道新安郡にある曽島[1]塩田における知的障害者労働者への奴隷人身売買搾取事件[2][3][4]知的障害者が、違法な職業斡施業者に誘われて離島の塩田に奴隷として送り込まれ、劣悪な環境の中で多数の知的障害者が働かされていた。

新安塩田奴隷労働事件 - Wikipedia

ちょっと、これは普通に見たい映画ですよね。レンタルビデオ店においてないかな。

それはともかく、この新世界国際映画館。・・えーーっと、普通の映画を上映している地上階部分は違うのですが、ポルノ映画を上映している地下階は大阪屈指のハッテン場、つまりゲイの人たちの社交の場らしいんです。

まあ、ポルノ映画館のほうに行かなければ問題ないと思いますが、ノンケの方は一応、お出かけの際には留意してください。

 

西成、夜の三角公園に行ってみた。正直、普通に安全で拍子抜けしたよ。(あいりん地区事情)

西成、あいりん地区。世間一般ではドヤ街・スラムというイメージの強い地域ですが、それは昔の話。

 

f:id:bbb3wave:20170605135527j:plain

現在のあいりん地区は生活保護受給者用の福祉アパートやバックパッカー向けの格安ホテルが立ち並ぶ・・・まあ、少し道路が小便くさかったり、昼夜問わずオッサンが用も無いのに道端をフラフラさ迷い歩いていたりはするのですが・・・ともかく、目が合っただけで怒鳴られたり、一瞬でも気を抜けば物を取られたりするような危険な場所だったりするわけではないのです。

だから、最近ではこのブログを含めて「西成は危険じゃないよ。安宿に宿泊できてお得だよ」という情報をを流すネット民が増えてきています。

そんな現在の西成の実情を知る人でも「ただし、三角公園周辺には行かないほうがよい」「夜中にみだりに出歩くべきではない」という情報を付け加えることは忘れません。

でもね、まあ実際の話をすると夜だろうが、三角公園だろうが別に危険ではありません。普通に安全です。・・・・いや、モチロン女性は行くべきではありませんよ。

でも、普通の成人男性なら全然、安全です。

私は何度か夜の三角公園に足を運んだことがありますが、真冬の寒い時期はもちろん、暖かくすごしやすい春であったとしても、そもそも人が全然いません。

例えば、ある晴れた暖かい春の夜。でも、広い公園にオッサンが4人くらいしかいない。3人が敷地内に1台だけある街頭テレビを見ていて、残りの一人がベンチで寝転がっている。3人はホームレス・ドヤのオッチャン風の人間だけど、一人はスーツにネクタイを締めて大型のスーツケースを持っている堅気っぽい人。

なんで、こんな人が三角公園で街頭テレビを見つめているのか意味不明ですが、とにかく4人ともノンビリした雰囲気で、他人に害を与えるような様子は皆無です。

人がいなくて、いるとしてもオッサンがボケーっとテレビを見ているだけなのだから、当然、危険性なんて皆無です。拍子抜けするくらい安全。

そもそも、三角公園は夜でも人通りが多くカラオケ居酒屋や食堂が普通に営業している萩之茶屋商店街から目と鼻の先にあるわけで、常識的に考えてそんな場所でレ〇プや暴力事件、薬物売買が行われたりしているはずがないのです。

そんなわけで、まあ、用も無いのにわざわざ近づく必要も無いですが、夜の三角公園が危険だという話は事実とは言えないですよという話でした。

 

nishinari-hotel.hatenablog.com

 

ホテルサンプラザ2は一泊1700円の西成的デザイナーズホテル?だよ。(西成格安ホテル宿泊体験記)

地下鉄動物園前駅から徒歩5分ほど。御堂筋の大通りを越えたところにあるホテルサンプラザ2に宿泊してきました。

f:id:bbb3wave:20170605133240j:plain

私が宿泊したときは一泊1700円。一応、通常料金が2000円と設定されていますが頻繁に値下げを行っているので、予約サイトをチェックすれば大抵2000円以下で宿泊できるでしょう。

西成の格安ホテルの常として、このホテルも元はドヤ宿だったものを改装して造られたホテルですが、なんていうかデザインにコダワリがあって、安っぽいなりになかなか洒落た感じなんですよ。(いや、あくまでセンスゼロの私の目から見ての話ですが)

云わば、西成的デザイナーズホテル?

そんなホテルサンプラザ2は、世間一般ではドヤ街、スラムというイメージが強いあいりん地区からは少し離れた場所にあります。

f:id:bbb3wave:20170603085425j:plain

動物園駅前商店街や飛田新地に近いこの辺りはドヤ街というよりも観光地としての色合いが強く、ホテルの客層もあいりん地区にあるホテルとは違いドヤのオッサンみたいな感じの人は比較的少ないです。日本人や外国人の観光客風の男性を多く見かけました。

部屋の中はこんな感じ。ブルー色の天井や壁がお洒落・・・・ですよね?

f:id:bbb3wave:20170605134740j:plain

部屋に備え付けの設備はデジタルテレビ、布団一式、1ドア小型冷蔵庫、折りたたみ式ちゃぶ台、電源コンセントです。部屋の中で無料wifiが使用できます。

f:id:bbb3wave:20170605134809j:plain

布団も部屋の畳床も清潔でした。ただ、畳にはタバコ焼けしているところが少しだけあったような。

共同風呂は夕方から夜まで利用可能。シャワーは24時間いつでも使えます。

トイレは男女別になっており、総じて清潔です。

また、このホテルは他のあいりん地区の安ホテルと違って、歯ブラシセットやタオルのアメニティーグッズをサービスしてもらえます。これは嬉しい。VIP待遇です?

f:id:bbb3wave:20170605134834j:plain

そんなわけで、今回宿泊したホテルサンプラザ2はシンプルイズベストな素泊まり用ホテルとして必要十分な設備が整ったコスパ良好な格安ホテルです。

大通り沿いにあるので、女性の方や安宿初心者の人でも安心して利用できるでしょう。

nishinari-hotel.hatenablog.com