底辺サバイバー

人生、いざとなったら西成やで(^^) 

西成警察署の真向かい。ホテル和香は1泊1700円のワイルドなオッサン天国だよ。

スポンサード リンク

市民の皆様に愛される西成警察署の真向かい。

ホテル和香に宿泊してきました。1部屋、3畳ほどの大きさで一泊1700円でした。

 

f:id:bbb3wave:20170903131934j:plain

f:id:bbb3wave:20170903131933j:plain

部屋は畳敷きで小さなテーブルと冷蔵庫、寝具一式、液晶テレビ、収納棚が備え付けられています。

液晶テレビは地上波とBS、あと24時間スケベな番組を流しているケーブルテレビのチャンネルも見れたりします。オッサンには嬉しいサービスやで。

西成のホテルは老朽化した建物でもトイレだけは清潔に保たれているのですが、このホテルも例外にもれずトイレはとても清潔でした。

f:id:bbb3wave:20170903131939j:plain

建物は老朽化している感じですが、清掃はしっかり行われているようで不潔ではありません。

部屋の布団も綺麗で快適に睡眠できました。

 

パンツ一丁のオッサンが・・

最近の西成のホテルでは、バックパッカーの外国人や日本人の若い旅行客風の男性を良く見かけるのですが、このホテルは基本的に労務者風のオッサンしかいません。

オッサンしかいない、オッサンパラダイスだから人の目なんて誰も気にしていません。

パンツ一丁のオッサンが普通に廊下とか歩いてる。余裕で。

そんなわけなので、さすがに女性が宿泊するのはあまりお勧めできません。

安宿の常として、食事サービスはありません。

ホテルの近所に萩之茶屋商店街があるのでそこで食事を取ればOKです。

安宿に泊まって宿泊料金を浮かしたんだから、外食でOKやで。

さて、そんな感じで清潔快適で良心価格な満足度のたかいこのホテルですが、ひとつ気になったのは夜中の騒音です。

といっても、別に隣の部屋のオッサンのイビキがうるさいとか、隣のテレビの音が漏れてくるとかそういうことではありません。

一応、客層はいい年こいたオッサンなので無闇に他人に迷惑を欠けるようなことはしません。皆、夜は静かにしています。

騒音が聞こえるのはホテルの外の大通りからです。

前述したとおり、このホテルは西成警察署の真向かいにあるのですが、普通に考えれば警察署の近くなのだから、治安が良くて大声で騒ぐような奴はいないと考えるじゃにですか。普通は。

でもね、あいりん地区にいるオッサンは、良くも悪くも単純で感情任せやん?

だから、警察署の前だろうがなんだろうがドッタンバッタン大騒ぎしちゃうんです。

いや、むしろ警察署につれてこられたオッサンが騒ぐので、ほかの場所よりも騒々しいくらい。

別に睡眠の妨げになるほどの大声ではないのだから気にしなくて良いのですが、ワイみたいな小心者は人の怒鳴り声を聞くだけで気持ちが落ち着かなくなりますからね。

部屋の中なのに一寸気持ちが落ち着かなかったです。

そんなわけで、ホテル和香はリーズナブルで施設は清潔快適。

だけど客層は人の目を気にしない労務者風のオッサンであったり、夜中も警察署の前から怒鳴り声が聞こえたりと、ちょっと刺激的な体験ができてしまうので・・・まあ、そこがマイナス点ですかねえ。