底辺サバイバー

人生、いざとなったら西成やで(^^) 

ピースハウス幸は外国人と交流できるゲストハウスだった(宿泊体験記)

スポンサード リンク

地下鉄動物園前駅から徒歩で3分ほど。アクセス環境良好なゲストハウス、ピースハウス幸に宿泊してきました。宿泊料は私が宿泊した時は1500円。通常は2200円程するらしいのですが頻繁に値引きを行っているのでネットの予約サイトなどをこまめにチェックすると良いかも。

 

f:id:bbb3wave:20170414201715j:plain

ドヤ街である西成地区と、あべのハルカスを中心とした関西屈指の商業地である阿倍野区のちょうど境界線みたいな感じの場所に位置するこのゲストハウスは周辺環境の良好性(別に西成の環境が悪いわけではないですが)と宿泊料の安さが両立したコストパフォーマンスの高いお勧めのホテルです・・・っと言いたいところですが、ここはホテルではなくてゲストハウスなんですよねえ。

厳密な定義は良くわかりませんがゲストハウスというのは食事や洗面用具などのサービスは無し、部屋もたいていドミトリー(相部屋)タイプで、そのかわり宿泊料金は格安という感じの方式のホテルで主に外国人観光客や、日本人の若者に人気があるらしいです。

 

f:id:bbb3wave:20170414201902j:plain

で、わたしはモチロン外国人でもなければ若者でもないので、正直いってアウェー感が半端なかったわけですが、ともかくも宿泊体験記です。

 

予約サイトの説明文をしっかり読まなかった私が全面的にアカンのですが、私はこのホテルがゲストハウスであるとしらずに、単なる安宿感覚で予約してしまったので、実際にホテルに到着してみると・・・フロント係が白人男性だったりしました。

で、その白人男性は日本語がほとんど通じないんです。向こうはニコニコ友好的に接してくれているのですが、英語のテストなんて赤点続きだった私ではコミュニケーションをとることは不可能。私が困っている様子を察した彼は、カウンターの奥にヒトを呼びに行ったので、「ああ、日本人客のための日本人スタッフもいるのか(^^)」と思ったのですが出てきたのは白人女性。

この白人女性はニコニコしながら日本語で「ようこそいらっしゃいませ」と言ってくれたので、「ああ、このヒトは日本語がしゃべるヒトなんだ」と安心したのですが、その女性がしゃべった日本語はその一言のみ。ホテルのシステムの説明は全部英語なんです。いや、こちらが英語がまったくわからない場違いなオッサンなのにフレンドリーで丁寧に接してくれているのはわかるのですが・・・

身振り手振りを交えながらホテルのシステムを英語で説明してくれる白人男女のフロント係、しかし、まったく理解できない英語リテラシーゼロのオッサン。

そんな状況を見るに見かねて、玄関奥の大きな居間(ここがこのゲストハウスの客同士の交流の場になっている)にいた日本人の若い女性が通訳を買って出てくれました。ありがとう若い女性・・・っていうか、なんかこのホテル、従業員もお客さんも矢鱈とフレンドリーなんだけど・・・・・ゲストハウスに好んでくるような人はやっぱりリベラルな感じのヒトが多いからフレンドリーなんだろうか。

 

フロント係さんの必死の説明と通訳の女性のおかげで、なんとか支払いを済ませて指定の部屋にいってみると・・・???なんじゃこりゃ?。いや、ドミトリータイプであることは事前に知っていたのですが、これはドミトリーというよりはカプセルホテルみたいな感じ?小さな部屋全体が2段ベットになっていてカーテンで仕切られているのです。ちなみに、ベットにはコンセントが備え付けられているのでスマホの充電は心配ナシです。

f:id:bbb3wave:20170414202156j:plain

f:id:bbb3wave:20170414202245j:plain

f:id:bbb3wave:20170414202322j:plain

いや、予想外の展開に面食らってしまいましたが、良く考えてみればこの部屋は男女共用なので下手をすれば外国人の女性と相部屋になってしまうわけで、英語力があるヒトなら相部屋になったよしみでイロイロと話してみるのも良いでしょうが、私はまったく英語のしゃべれない小汚いオッサン。外国人女性とコミュニケーションするなんて気疲れするだけで真っ平ごめんなわけですから、こういうカプセルホテル形式なら無理して顔をあわせる必要が無いので好都合です。

 

で、施設の紹介。私の泊まったカプセルホテル風の2段ベットの部屋にはシーツと掛け布団が用意されていました。目立った汚れなど無く清潔な感じです。

各階には洋式トイレがあります。このトイレは男女共用です。

また、シャワールームが各階の廊下の突き当たりにあります。これも当然、男女共用・・・・っていうか、このシャワールーム、ルームといいながら部屋になっていない。シャワールームには壁なんか無くて天井からぶら下がったカーテンで目隠しをしてシャワーを浴びる方式になっています。日本人の感覚からすると、ちょっと面食らってしまいますが外国の安宿やゲストハウスでは良くある形式なのでしょう。

 

玄関を入った奥の居間はお客同士の交流の場になっています。背の低い大きなテーブルがあってテレビや、冷蔵庫、キッチンなんかも完備。外国人の女性と日本人の女性が楽しそうにお喋りしたりしていました。でも、英語のわからないオッサンは場違いすぎるので居間でくつろぐのはパスしました。

そんなわけで、施設に関してはゲストハウスという形式に面食らってしまいましたが基本的に各施設は清潔できちんと清掃されている印象です。

 

ホテルの客層についてですが、うーん、全ての部屋をみて回ったわけではないので、ざっくりとした推計ですが、お客の8割くらいは外国人ではないでしょうか。白人の女性とそれよりも少ないですが男性、あとアジア系の女性(韓国、中国?)が目立ちました。他には、たぶん語学学校に通ってそうな外国人と交流したい系の日本人女子。正直言って、私のような日本人の中年オヤジは完全に場違いな感じでした。っていうか、女子率高すぎです。

 

てなわけで、今回、宿泊してきたピースハウス幸は宿泊料が格安で場所も便利、施設も一応清潔なわけで、英語に自信があって外国人とも臆せず交流が出来る若い女子なら、高級ホテルに泊まったりするよりも、はるかに楽しくて刺激的な経験が出来るゲストハウスです。若い日本人男性も英語が得意でコミュ力があるなら外国人女性や日本人女子と楽しく交流できるかも。

そして、私のような中年日本人男性は完全に場違いのアウェー・・ではあるのですが、ホテルスタッフは親切に対応してくれましたし、別に無理して他のお客と交流しなければいけないわけではないので、私のように単なる安宿として利用するのもアリといえばアリでしょう。

 

nishinari-hotel.hatenablog.com